Bリーグのテレビ・ネット放送を完全網羅

男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ(B.LEAGUE)」の2019-20シーズン真っ只中ですね。

 

4シーズン目となる「B.LEAGUE 2019-20シーズン」ですが、年間の総入場者数も増えてきて徐々に注目度も上がってきています!

 

そんなBリーグは、テレビ放送やネット中継で生中継や見逃し配信が行われています。

 

・Bリーグの試合を全試合見たい!
・無料でできるだけ多くの試合が見たい!
・好きなチームの試合だけ全試合見たい!

 

あなたの望むBリーグの視聴スタイルが必ず見つかるように、Bリーグのテレビ放送・ネット中継情報をわかりやすく徹底解説しています。

 

テレビ放送(無料チャンネル)でBリーグを見る

まずは、テレビ放送でも無料でBリーグが視聴できるチャンネルを紹介していきたいと思います。

 

無料で見れる時だけBリーグが見たい!」という方は参考にしてください。

BSトゥエルビ

BSトゥエルビは無料のBS放送局です。
なので契約をしなくてもBS放送が視聴できる環境なら見れます。

 

BSトゥエルビでは「水曜バスケ!」という番組が毎週水曜日の19時〜放送されています。
毎週が試合中継ではありませんが、水曜日開催の試合が組まれている時はその中から1試合だけ生中継が行われます。

 

Bリーグは基本土日の週末2連戦が主体なので水曜日のウィークデーゲームは少なく、大体1ヶ月で2試合程度しか放送されませんが、無料で見れるので興味のある方はチェックしておきましょう。

NHK地上波&BS1

厳密に言えば、どちらも無料放送ではありませんが・・・。

 

地上波で放送されるのは、開幕節3試合と第2節の1試合のみ。
BS1では2〜3節に1度、1試合だけテレビ放送されるといった頻度です。
注目試合としてはオールスターゲームに関してはBS1で視聴可能!

 

BS1は衛星放送契約をしていないと、テレビ画面にテロップが出続けます。
テレビによってテロップの占有範囲は異なりますが、バスケットだと結構邪魔に思うでしょう。

J:COMテレビ・J:COMチャンネル

J:COMテレビ・J:COMチャンネルは、J:COMサービス提供エリアであれば未加入でも視聴ができるチャンネルです。

 

ただ、お住まいのエリアによって視聴できる試合が異なります。

【札幌エリア】レバンガ北海道
【千葉エリア】千葉ジェッツ
【東京エリア】アルバルク東京
【神奈川エリア】川崎ブレイブダンサーズ
【神奈川エリア】横浜ビー・コルセアーズ
【京都エリア】京都ハンナリーズ

基本的には住んでいるエリアによって上記チームの試合を中心にテレビ放送されます。
J:COMサービスに加入していない戸建や、J:COMを導入していないマンションの場合は別途申込み(有料)が必要になります。

 

なので、J:COM導入済のマンションに住んでいる人であれば契約していなくても無料で対象エリアのチームの試合が視聴できます。


テレビ放送(有料チャンネル)でBリーグを見る

無料で視聴しようとすると、どうしても見られる試合数は少なくなります。
ここからはテレビの有料チャンネル&ネット中継の紹介となりますが、月額数百円で視聴することが可能です。

 

まず、テレビ放送でBリーグを視聴するためには下記の有料チャンネルと契約しなければいけません。

 

スカイA
ガオラスポーツ
日テレジータス
FOXエンターテイメント
BSスカパー
スカチャン1
日テレニュース24
Jスポーツ3

と言っても、チャンネルごとに契約をすると料金はかなり高くなります。
そこで、スカパーやJ:COM、ひかりTVなどのサービスに加入してセットやパックで契約するのがオススメです。

 

メリットは、有料チャンネルを契約すると同じチャンネルで放送されているBリーグ以外のコンテンツもテレビで視聴できることです。

 

反対に、Bリーグだけが見たい方には有料チャンネルへの加入はオススメしません

スカパー!

スカパー!ではBリーグセット(月額2955円税込)でB1公式戦全試合が視聴できます。
加入するとテレビだけでなく、スマホやタブレットでもスカパーオンデマンドを利用してBリーグの試合が視聴可能。

 

オンデマンド放送はライブ中継のみで見逃し配信には対応していませんが、テレビで録画しておけば特に問題はないかなと思います。

J:COM

上記で紹介した無料チャンネルに加えて、J:COMに加入すればBSスカパーとスカチャン1以外のチャンネルはスカパー!と同様に視聴可能です。

 

インターネット+ケーブルテレビでJ:COMと契約したい方や、そもそもケーブルテレビの契約を検討していた方にオススメです。

 

あくまでもJ:COMと契約していれば「Bリーグもほとんどの試合見れますよ〜」といった程度でBリーグを見るためにJ:COMと契約するのはオススメしません。

ひかりTV

ひかりTVはスカパー・J:COMに次ぐ有料放送サービスです。
誰でも加入できるサービスではありませんが、条件を満たしていればスカパー・J:COMよりもお得にBリーグを視聴できます。

 

条件@住んでいるエリア

東日本エリア
北海道、宮城県、新潟県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 

西日本エリア
石川県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県

 

条件Aいずれかの光回線と契約が必須

フレッツひかり・ソフトバンク光・ドコモ光・ぷらら光・OCN光・NURO光

 

ひかりTVでもBSスカパーとスカチャン1で放送される試合は視聴できませんが、J:COMと同じくほとんどの試合は視聴可能です。

 

Bリーグ以外の専門チャンネルも50チャンネル以上見れて(お値打ちプラン)月額3000円と破格の価格設定です。
Bリーグだけ見たいなら、これから紹介するネット中継と比較すると3000円は高いですが、そもそも有料放送サービスの加入を検討しているならかなりオススメです。


ネット中継でBリーグを見る

ネット中継でBリーグを見るのにおすすめなのは「Bリーグだけが見たい!」と思っている方です。

 

月額数百円でBリーグの公式戦が思う存分楽しめますよ!

バスケットLIVE

バスケットLIVEはBリーグだけでなく、バスケット女子日本リーグのWリーグや高校ウインターカップなど、国内のバスケットボールのライブ配信を行っているサービスです。

 

B1だけでなく、B2の試合も全試合ライブ&見逃し配信を行っています。
ソフトバンクが提供していて、Yahoo!プレミアム会員の特典の一つなのですでに会員の方は追加料金なしですぐに視聴することができます。

 

また、「ソフトバンクスマートフォン」or「Y!mobaileスマートフォン」を契約している方も、特典として無料で視聴可能です。

 

それ以外の方は、Yahoo!プレミアム(月額462円税別)に加入すれば視聴できます。
Bリーグを完全網羅できてコスパが高いサービスならバスケットLIVEがオススメです。

 

スマホ・タブレットだけでなく、AmazonのFire TV Stickがあればテレビでも視聴可能!

 

DAZN(ダゾーン)

ダゾーンではB1リーグの公式戦が視聴できます。
残念ながらB2リーグやB3リーグの試合は中継されませんが、ダゾーンの場合はBリーグだけでなくサッカーやプロ野球などその他多くのプロスポーツが視聴できるのが大きなメリットです。

 

月額料金は1750円(税抜)、ドコモユーザーは月額980円とその他のスポーツが観戦できる点も考慮するとかなりコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

 

その反面、Bリーグだけが見たい方にとっては月額料金が高いと感じるでしょう。
ダゾーンもスマホやパソコンだけでなくAmazonのFire TV Stickやクロームキャストを使ってテレビでBリーグ観戦ができます。

 

また、ダゾーンには1ヶ月の無料体験があるのでどうしても見たい試合がある時などは無料体験を上手に活用して無料でBリーグが楽しめます。

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオのチャンネルに「バスケットLIVE for Prime Video」が追加されました。

 

配信試合は2019-20のB1公式戦のみ。

 

勘違いしている方も多いのですが、まずAmazonプライムビデオを利用するにはプライム会員になる必要があります。(月額500円)

 

その上で、プライムビデオのオプションとして「バスケットLIVE for Prime Video」のチャンネルを追加します。(月額300円)

 

つまり、月額料金としては800円となりますが、Amazonプライム会員はプライムビデオ以外にも様々な特典があります。

 

すでにプライム会員の方におすすめの視聴方法です。
また、Amazonプライム会員には30日間、バスケットLIVE for Prime Videoには7日間の無料視聴期間があるのでダゾーンの無料お試し期間をすでに使ってしまった人で、無料でBリーグが見たい方におすすめです。


Bリーグのテレビ放送・ネット中継まとめ

ここで最後にもう一度Bリーグの視聴情報をまとめたいと思います。
ちなみにB1リーグのレギュラーシーズン試合数は全部で1080試合となります。

サービス名・チャンネル 月額料金 視聴可能試合 備考
BSトゥエルビ 無料 1ヶ月2試合程度 水曜日開催試合のみ
NHK地上波&BS1 無料 2〜3節に1試合 オールスターゲーム放送
J:COMチャンネル 無料 居住エリアの本拠チーム試合 J:COMサービス加入が必須
スカパー!(Bリーグセット) 2955円 B1公式戦全試合 スマホ・タブレットでも視聴可
J:COM(スタンダード) 5522円 有料チャンネルで放送されるB1公式戦

J:COMチャンネルで放送される各エリアチームの試合約110試合

その他チャンネルも視聴可能
ひかりTV 3000円 有料チャンネルで放送されるB1公式戦 その他チャンネルも視聴可能
バスケットLIVE 462円 B1・B2全試合 ソフトバンクスマートフォンorY!mobaileスマートフォンの加入で無料
DAZN(ダゾーン)

通常 1750円
ドコモ 980円

B1全試合 30日間の無料期間あり
Amazonプライムビデオ 月額300円 B1全試合

別途Amazonプライムへの加入が必須(月額500円)
7日間の無料体験あり

※有料チャンネル(スカイA・ガオラスポーツ・日テレジータス・FOXエンターテイメント・日テレニュース24・Jスポーツ3)

 

このようにまとめてみると、それぞれの状況によって選択するサービスも変わってきますね。

 

Bリーグだけが見たい⇒バスケットLIVE
Bリーグだけが見たい(元々Amazonプライム会員)⇒Amazonプライムビデオ
他のスポーツも見たい⇒ダゾーン
スポーツ以外の有料チャンネルも見たい⇒ひかりTV
無料でみれれば試合数は関係ない⇒地上波・BS放送&ネット中継の無料体験

 

料金だけを考えると、上記のような選択が最もお得に見れると思います。

TOPへ